So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【長野】ゾウ、雪だるまに興味津々 茶臼山動物園

長野市の茶臼山動物園は24日、ゾウの運動場に大きな雪だるまを作って、ゾウの反応を観察する催しを開催。
雪だるまに興味を示すゾウに、市民らが歓声を上げた。
入園した親子連れなどが、動物園の職員とともにゾウをかたどった雪だるま(高さ約2メートル、直径約4メートル)を作製。
目や鼻の穴の部分にはリンゴを、まゆ毛と鼻にはニンジン、牙とつめはサツマイモを使うなどして飾り付けをした。
ゾウは、インドや東南アジアに分布するアジアゾウで「ダンボ」(雄、推定34歳)と「フーコ」(雌、29歳)の2頭。
ゲートが開くと、雪だるまにゆっくり近寄り、鼻先で果物や野菜をまさぐって完食。
時折「パオー」と鳴き、雪だるまを鼻で崩したり、足で踏み付けたりしていた。
ソー�
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/77940.htm
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/image/6614_1.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。