So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

【映画】第80回アカデミー賞全受賞結果を発表!

第80回アカデミー賞】25日、第80回アカデミー賞が開催され、全受賞作品、人物が発表された。
最多受賞は映画『ノーカントリー』の4部門となった。
全リストは以下の通り。
作品賞『ノーカントリー』主演男優賞ダニエル=デイ・ルイス『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』助演男優賞ハビエル・バルテム『ノーカントリー』主演女優賞マリオン・コティヤール『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』助演女優賞ティルダ・スウィントン『フィクサー』監督賞ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督『ノーカントリー』長編アニメ賞『レミーのおいしいレストラン』美術賞『スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師』撮影賞『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』衣装デザイン賞『エリザベス:ゴールデン・エイジ』ドキュメンタリー長編賞『「闇」へ』編集賞『ボーン・アルティメイタム』外国語映画賞『ヒトラーの贋作』メイクアップ賞『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』作曲賞『つぐない』歌曲賞「フォーリング・スローリー」『ONCEダブリンの街角で』音響編集賞『ボーン・アルティメイタム』短編アニメ賞『ピーター・アンド・ザ・ウルフ』(原題)短編実写賞『ザ・モーツァルト・オブ・ピックポケッツ』(原題)音響賞『ボーン・アルティメイタム』視覚効果賞『ライラの冒険黄金の羅針盤』脚色賞『ノーカントリー』脚本賞『JUNO/ジュノ�
http://cinematoday.jp/page/N0013001


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【どうぶつ】お手をする牛「サクラ」が人気 その「手」を取って「はい、握手」/宮崎

◇「お手」をする牛、宮崎で人気名前はサクラ宮崎市田野町で「お手」をする牛が人気だ。
名前はサクラ、2歳10カ月のメスの繁殖牛。
飼い主の平原逸夫さん(78)が近づくと、ひょいと前脚を上げる。
平原さんはその「手」を取って、「はい、握手」。
サクラが生後2カ月の時、遊びでお手を教え始めたが、今では以心伝心、側に来ただけで「お手」をしてくる。
宮崎牛といえば、国内最高の品評会で昨年、トップ成績を収めた注目ブランド。
PR上手の東国原知事とサクラが手を握れば、宮崎牛の知名度アップは間違いない?asahi.com2008年02月23日06時11�
http://www.asahi.com/life/update/0222/SEB200802220015.html?ref=rss画像:お手をする牛=宮崎市�
http://www.asahi.com/life/update/0222/images/SEB200802220009.jpg※ご依頼いただきました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【長野】ゾウ、雪だるまに興味津々 茶臼山動物園

長野市の茶臼山動物園は24日、ゾウの運動場に大きな雪だるまを作って、ゾウの反応を観察する催しを開催。
雪だるまに興味を示すゾウに、市民らが歓声を上げた。
入園した親子連れなどが、動物園の職員とともにゾウをかたどった雪だるま(高さ約2メートル、直径約4メートル)を作製。
目や鼻の穴の部分にはリンゴを、まゆ毛と鼻にはニンジン、牙とつめはサツマイモを使うなどして飾り付けをした。
ゾウは、インドや東南アジアに分布するアジアゾウで「ダンボ」(雄、推定34歳)と「フーコ」(雌、29歳)の2頭。
ゲートが開くと、雪だるまにゆっくり近寄り、鼻先で果物や野菜をまさぐって完食。
時折「パオー」と鳴き、雪だるまを鼻で崩したり、足で踏み付けたりしていた。
ソー�
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/77940.htm
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/image/6614_1.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【京都】金閣寺で「金閣寺方丈特別拝観」が始まり「杉戸絵」が初披露[02/24]

京都の金閣寺で、境内の「方丈(ほうじょう)」の特別拝観が始まり、新作の「杉戸絵」が初披露されています。
マイナス2.2度と冷え込んだ24日朝の京都、金閣寺にも白い雪が積もりました。
23日から始まった「金閣寺方丈」の特別拝観で初披露となるのが、創建以来、初めての解体修理に合わせて描かれた16枚の杉戸絵です。
杉戸絵は、樹齢700年を超えるスギの一枚板に、木目の美しさを生かして、サクラやウメ、ツバキなどを描いたもので、鮮やかな色調が、見る人の目を引きつけます。
枯山水(かれさんすい)の庭園も楽しめる金閣寺方丈特別拝観は、6月末まで開かれます。
ソースに動画あ�
http://www.fnn-news.com/headlines/CONN00127882.html


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【香川】うどんインストラクター 文科省“お墨付き”

讃岐うどんの普及と指導にあたる専門家の育成を目指して、香川県三豊市の瀬戸内短期大学(近藤秀章学長)が独自に認定する資格「さぬきうどんインストラクター」が人気を呼んでいる。
2003年の制定以降、4年間の資格取得者は79人だったが、昨年8月に文部科学省の「特色ある大学教育支援プログラム」に選定されたこともあり、07年度は26人、08年度は過去最多の42人が取得を予定している。
同短大は「本学限定で取得できるというプレミアム感を求める学生が増えたのでは」と人気の理由を分析している。
うどんを中心にめん類の歴史や文化を学ぶ「さぬきうどん概論」、調理技術の習得、販売実演などを模擬店で行う「製めん技術実習」など、指定科目計15単位を履修した食物栄養学科の学生を対象に、同短大が資格を認定する。
学科の卒業生に占める履修者の割合は04年度37%だったが、07年度は55%、08年度は80%に増える見込み。
最近では、同資格を目当てに、県外からの進学が増えており、愛媛県四国中央市出身で、3月に卒業予定の井川さんは「珍しい資格なので企業の関心が高く、就職活動のセールスポイントとして役立った」と話す。
07年度の資格取得予定者のうち、約70パーセントを県外からの学生が占めている。
日本私立学校振興・共済事業団(東京)によると、4年制大学や専門学校との競争の激化で、全国の私立短大のうち、定員割れの短大は04〜07年度、41〜61パーセントで推移。
短大志願者数は減少しているが、同短大の食物栄養学科はほぼ毎年、定員の50人を確保している。
同事業団は「他校と差別化を図り、どれだけ広い範囲から多くの学生を集められるかを考えた」と取り組みを評価する。
同短大は、資格に対する認知度の向上を目指し、「さぬきうどんに特化した香川発の食のエキスパートを全国に輩出し、企業や社会の要請に応えたい」としている。
ソー�
http://osaka.yomiuri.co.jp/edu_news/20080224kk03.ht
http://osaka.yomiuri.co.jp/photo/kankyo/KK20080224113103465L0.jpg依頼ありました。
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1201884750/159


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。